2014年8月期MLDベーシック(大阪)が終了しました

写真 2

大阪MLDベーシックコースが無事終了しました。

私はアシスタント講師時代を含め、MLDを教えはじめて18年目になりますが、
この療法を初めて学ぶ方々が最も難しく感じるところを、
いかにスムーズに習得していただくかに今でも試行錯誤しています。

受講者の皆さんにとって一番習得が難しいところは
「皮膚を読むこと」と「手から力を抜くこと」です。
皮膚を読むとはどういうことでしょうか?

人間の皮膚にある感覚神経の密度は手先でとても高く、
触圧覚は体幹や腕の10~30倍の鋭さで、0.2~0.5g/mm2 の重さを感知できます。
ボッダー式MLDでは「できるだけ軽い圧で皮膚を伸張する」必要がありますので、
通常のマッサージでは考えられないほどの微妙な皮膚の抵抗を
感じ取れるようになっていただく必要があるのです。
視覚に障害があっても点字を指先で読むことができるように、
ボッダーセラピストも指先や手掌で皮膚を読むのです。

今回の受講者の皆様はいつもに増して本気度が高く、高いモーチベーションをお持ちでしたので、
とっても集中して技術の習得に向き合ってくださいました。
毎日の授業の後は、一時間教室解放がありますが、
残ってクラスメート同士で練習される方もたくさんおられましたので、
後半になるとだいぶ皮膚を読めるようになってくださいました。

皆様、頑張ってくださって本当にありがとうございました!お疲れ様でした!

11月のセラピー1ご参加の皆様も、そうでない方も、
できるだけ多く症例研究や練習を行って、さらに腕を磨いておいてくださいませ。

ギル佳津江

一覧に戻る

資格紹介COURSE GUIDE

MLDベーシック

ご自身や家族のケアに活かしたい

MLDベーシック

Dr.Vodder's MLDの6つの基本手技、全身の基本トリートメントおよびリンパ系の解剖生理学を詳細に学びます。MLDの成り立ちと歴史に始まり、MLDを学ぶ上で知っておくべき禁忌や、疾患への適用などを、解剖生理学的視点から学びます。リンパ系のしくみを知ってセラピストとしてステップアップ。

さらに詳しく

MLDセラピー1

サロンを開業したい

MLDセラピー1

実際の臨床を想定したトリートメントアプローチや、症例研究も行い、浮腫などさまざまな病理への応用を学び実践力を磨きます。デトックス効果と鎮静効果の高いMLDの手技をマスターし、触診方法を含むエキストラテクニックを学び、皮膚や心身の様々なトラブルに対応できるセラピストを目指します。

さらに詳しく

医療従事者必見! リンパ浮腫CDT療法士専科課程

リンパ浮腫の方へのケア

リンパ浮腫治療専科課程

リンパ浮腫とはガンの治療やその他の病気の影響により、リンパの流れが妨げられ、主に腕や足などに病的な浮腫(むくみ)を起こす症状です。近年、ますます医療機関での需要が高まっているリンパ浮腫治療への保存療法として世界中で採用されている用手的療法(MLD)および、多層包帯法(圧迫療法)の技術と知識を9日間で集中的に学びます。

さらに詳しく


BEGINNERS GUIDE

資格や経験、目的によって最適なコースが異なります。