8月期ベーシックコースがスタートしました!

こんにちは、ボッダーMLD講師のギル佳津江です。

8月24日(土)からJEA大阪校でのベーシックコースがスタートしました。長い休みがとりにくい方のために、今回は6日連続ではなく、週末二日間ずつに分けています。

17名の受講者の半数が看護職や、柔道整復師、鍼灸師です。残りの方はアロマセラピスト、エステティシャンで、関東方面からの参加者もおられました。

医療従事者の割合が今回特に高かったのは、ドクター・ボッダー式MLDが日本のリンパ浮腫治療にも採用されていることが認知されてきたからでしょうか。

ところで、がん治療に携わっている方か患者さんでもない限り、一般の方はリンパ浮腫と浮腫(むくみ)の違いは分からないと思います。

リンパ浮腫はリンパ管そのものの病的な異常であり、浮腫はリンパ管の機能は正常な状態でも起きてくるむくみのことです。

リンパ浮腫治療の方法を実際に学ぶのはセラピー2・3ですが、ベーシックコースでもそのような病理的な違いについても学びます。

ですから、ベーシックを学ばれると、通常のリンパドレナージや強いマッサージをむやみにリンパ浮腫患者さんに行ってはいけない理由が理解できるようになります。

本当は、MLDに限らず、がん治療後の患者さんの体に触れる治療や療法に携わる方は、必ず知っておかなければいけないことなのだと思います。

さて、来週の週末もまた授業です。今回は受講生の皆さんに宿題を出しました。この繊細な手技を一週間のうちに忘れてしまわないように。

顔と首のトリートメントを必ず最低一人の方に行って、そのレポートを出していただくことと、

大腿部のトリートメントで使う「パンプ」という手技を30分練習してきていただくことです。

二日目の後半は腿の練習をずっと行っていましたが、終わってみると、練習した足のほうだけ「膝小僧が出た!」と喜んでいる方もおられました。

片方だけ細くなったままお帰りいただくのは申し訳ないような気もするのですが。ぜひ、もう一本の足もクラスメイトにやってもらってくださいね。

mld13

 

 

 

 

一覧に戻る

資格紹介COURSE GUIDE

MLDベーシック

ご自身や家族のケアに活かしたい

MLDベーシック

Dr.Vodder's MLDの6つの基本手技、全身の基本トリートメントおよびリンパ系の解剖生理学を詳細に学びます。MLDの成り立ちと歴史に始まり、MLDを学ぶ上で知っておくべき禁忌や、疾患への適用などを、解剖生理学的視点から学びます。リンパ系のしくみを知ってセラピストとしてステップアップ。

さらに詳しく

MLDセラピー1

サロンを開業したい

MLDセラピー1

実際の臨床を想定したトリートメントアプローチや、症例研究も行い、浮腫などさまざまな病理への応用を学び実践力を磨きます。デトックス効果と鎮静効果の高いMLDの手技をマスターし、触診方法を含むエキストラテクニックを学び、皮膚や心身の様々なトラブルに対応できるセラピストを目指します。

さらに詳しく

医療従事者必見! リンパ浮腫CDT療法士専科課程

リンパ浮腫の方へのケア

リンパ浮腫治療専科課程

リンパ浮腫とはガンの治療やその他の病気の影響により、リンパの流れが妨げられ、主に腕や足などに病的な浮腫(むくみ)を起こす症状です。近年、ますます医療機関での需要が高まっているリンパ浮腫治療への保存療法として世界中で採用されている用手的療法(MLD)および、多層包帯法(圧迫療法)の技術と知識を9日間で集中的に学びます。

さらに詳しく


BEGINNERS GUIDE

資格や経験、目的によって最適なコースが異なります。