厚生労働省委託事業 平成25年度『リンパ浮腫研修プログラム』開催のお知らせ

医療従事者の方へ

この冬からスタートするリンパ浮腫研修プログラムではリンパ浮腫の診療に携わる医師、看護師、理学療法士、作業療法士等の医療専門職を対象に、リンパ浮腫治療の第一線で活躍する講師が、研修プログラム委員会で作成したリンパ浮腫研修要綱を準拠した授業を行います。

この4日間の研修を受講すると、国際リンパ学会により推奨されている座学(45時間以上)の大部分が習得でき、その後の各養成校(*)での実習(90時間以上)の継続性が担保されます。
リンパ浮腫の診断と治療に必要な知識を有する医療従事者の数はわが国ではまだまだ足りていません。がん治療後に発症するリンパ浮腫は患者のQOLを低下させたり、日常生活に支障をきたす場合もあるなど、患者に心身の苦痛をもたらすものです。
厚生労働省はこの問題に対し、専門委員会を発足させ、研修を開催することで、将来的に全国の病院で適切なリンパ浮腫治療が受けられるようになることを目指しています。

詳細はこちら⇒
リンパ浮腫研修会募集HP
リンパ浮腫研修プログラムと担当講師

*各養成校とは・・・
JEAのMLDトレーニングセンターは、このリンパ浮腫研修運営委員会で認められた養成校(実習研修機関)のひとつです。ベーシック&セラピー1コースでリンパドレナージの基本の徒手療法(80時間)を履修することができます。これに加え、多層包帯法などの圧迫療法や診断と治療計画の立て方などを学ぶセラピー2、セラピー3(80時間)の履修が必要です。現在、セラピー2、セラピー3はJEAでは開催しておりません。セラピー2&3の受講をご希望される方は、JEAまでお問合せください。

一覧に戻る

資格紹介COURSE GUIDE

MLDベーシック

ご自身や家族のケアに活かしたい

MLDベーシック

Dr.Vodder's MLDの6つの基本手技、全身の基本トリートメントおよびリンパ系の解剖生理学を詳細に学びます。MLDの成り立ちと歴史に始まり、MLDを学ぶ上で知っておくべき禁忌や、疾患への適用などを、解剖生理学的視点から学びます。リンパ系のしくみを知ってセラピストとしてステップアップ。

さらに詳しく

MLDセラピー1

サロンを開業したい

MLDセラピー1

実際の臨床を想定したトリートメントアプローチや、症例研究も行い、浮腫などさまざまな病理への応用を学び実践力を磨きます。デトックス効果と鎮静効果の高いMLDの手技をマスターし、触診方法を含むエキストラテクニックを学び、皮膚や心身の様々なトラブルに対応できるセラピストを目指します。

さらに詳しく

医療従事者必見! リンパ浮腫CDT療法士専科課程

リンパ浮腫の方へのケア

リンパ浮腫治療専科課程

リンパ浮腫とはガンの治療やその他の病気の影響により、リンパの流れが妨げられ、主に腕や足などに病的な浮腫(むくみ)を起こす症状です。近年、ますます医療機関での需要が高まっているリンパ浮腫治療への保存療法として世界中で採用されている用手的療法(MLD)および、多層包帯法(圧迫療法)の技術と知識を9日間で集中的に学びます。

さらに詳しく


BEGINNERS GUIDE

資格や経験、目的によって最適なコースが異なります。