Vol.3 美しさも、健康も、すべて体内の水分の状態で決まるのです。

一日中雨だと・・・
身体がぼよよ~んと重いですずっしり。

まさに、この感じ、MLDがお役にたつ状況です。

MLDが得意な症状改善として、代表的なものに

むくむ
だるい
ぼーっとする etc.
があります。
(もちろん他にもたくさんありますが・・・)

ちょうどじめ~っとした梅雨の時期に起こりやすい症状がまさに、MLDの一番の得意分野です。

私たちの体の中のいたるところに水分があります。

私たちの身体を作る60兆個の細胞。
細胞が集まって組織を作り、組織が集まって私たちの身体ができています。

その細胞ひとつひとつが生きるために必要なことすべてに、この水が関わり、
細胞に必要な全てのものが、この水に乗って運ばれていきます。

つまり、私たちの身体を作っている細胞は、この水分によって生かされているのです。
私たちは生きるために、ご飯を食べ、おしっこやウンチを出します。
それと同じように細胞も、血液から栄養をもらい、不必要になった二酸化炭素や老廃物を出しています。
だから、私たちの体内の水分は、日々汚れているのです。

こちら、汚れた体内の水分のイメージ・・・。こんな水の中だと、細胞も気持ちよくいられない・・・。
うえ~って感じですね。

やっぱりこっちでしょう
こちらの水の中なら、細胞たちもるんるんで過ごせます。

この細胞と細胞の間にあるお水のことを、間質液といいます。
実はこの間質液、血管の中だと血漿と呼ばれています。
それが、​毛細血管から間質に滲みだした段階で、間質液へと名前が変わり、
また、その間質液がリンパ管に入るとリンパと名前を変えます。

そうです、同じ液体が、いる場所が変わると、呼び名が変わり、
ぐるぐるぐと体内を回っているのです。

そう、この澱みなく、流れが止まることなく、ぐるぐる巡りよく回っていくということが大切です。

澱んだ、流れのないお水・・・。これ絶対ダメです。

水は流れが止まると汚れます。
体内でそれが起こると、いわゆる冒頭に書いた症状

むくむ
だるい
ぼーっとする etc.
がおこります。

これらの症状が起きているということは、少々体内のお水が汚れているということです・・・
これが、むくみの正体です。

むくみは、見た目に美しくないとか、だるいというだけの問題ではありません。
むくんだ状態というのは、細胞が必要とするものを速やかに血管から受け取れないだけではなく、

いらなくなったものを間質から除去できなくなるという状態です。

では、この汚れた水をキレイにするにはどうしたらいいのでしょうか?

はい、それは、とても簡単!!
リンパ管に汚れたものいっさいがっさい引き取ってもらったらいいのです
とっても簡単

間質液にある、汚れたもの、余分な水分をがっつり引き取ってくれるのが、リンパ管なんです。

血管が上水道と例えるとしたら、

リンパ管が下水道
そして、リンパ節が下水処理場という感じでしょうか。

そうイメージすると分かりやすいかもしれません

ただ、流れの悪くなったお水はそのままだと、するするとはリンパ管に流れていきません。
そうです!

もうご理解いただいている方もいらっしゃると思います。
その、流れの悪くなった澱んだお水を、リンパ管の方へ流していくお手伝いができるのが、MLDなんです。

水の流れは、日常生活のいろんな状況ですぐに悪くなります。

立ちっぱなし、座りっぱなし、きついベルトやブラジャーをしていたり、ストレスなどでも、すぐに巡りが悪くなります。
んー私たちの身体は正直だ

そんな時に、MLDを受けてみてください。
驚くほど、身体が軽くなりますよ!

※本記事の著作権はMLDトレニーングセンターに帰属します。

一覧に戻る

資格紹介COURSE GUIDE

MLDベーシック

ご自身や家族のケアに活かしたい

MLDベーシック

Dr.Vodder's MLDの6つの基本手技、全身の基本トリートメントおよびリンパ系の解剖生理学を詳細に学びます。MLDの成り立ちと歴史に始まり、MLDを学ぶ上で知っておくべき禁忌や、疾患への適用などを、解剖生理学的視点から学びます。リンパ系のしくみを知ってセラピストとしてステップアップ。

さらに詳しく

MLDセラピー1

サロンを開業したい

MLDセラピー1

実際の臨床を想定したトリートメントアプローチや、症例研究も行い、浮腫などさまざまな病理への応用を学び実践力を磨きます。デトックス効果と鎮静効果の高いMLDの手技をマスターし、触診方法を含むエキストラテクニックを学び、皮膚や心身の様々なトラブルに対応できるセラピストを目指します。

さらに詳しく

医療従事者必見! リンパ浮腫CDT療法士専科課程

リンパ浮腫の方へのケア

リンパ浮腫治療専科課程

リンパ浮腫とはガンの治療やその他の病気の影響により、リンパの流れが妨げられ、主に腕や足などに病的な浮腫(むくみ)を起こす症状です。近年、ますます医療機関での需要が高まっているリンパ浮腫治療への保存療法として世界中で採用されている用手的療法(MLD)および、多層包帯法(圧迫療法)の技術と知識を9日間で集中的に学びます。

さらに詳しく


BEGINNERS GUIDE

資格や経験、目的によって最適なコースが異なります。